厚生労働省は27日、6月中旬から飲食店などでの豚の生レバーや生肉の提供を禁じることを正式に決めた。食品衛生法に基づき、牛レバーと同様に中心部までの加熱が義務付けられ、違反した場合は刑事罰も科される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加