1区(10キロ)序盤は鳥栖工の井手、白石の平、鳥栖工Bの武藤が併走。3キロ付近で井手が抜け出し独走態勢に入った。 鳥栖工は続く2区間も2位白石に詰められることなく先頭をキープ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加