1区(6キロ)は中盤から清和の大久保、鹿島実の鶴田が先頭争い。大久保が鶴田を振り切ってトップでたすきをつなぐと、2区(4・0975キロ)以降は清和が2位以下との差を徐々に広げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加