■床運動トップ選手に成長 昨年6月の全日本体操種目別選手権。県内の男子高校生で初めて出場した鳥栖工の小畠廉生は、床運動予選で15・350点を出し2位につけた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加