初の決勝トーナメント進出が遠のき、試合後の鳥栖イレブンには敗北感さえ漂った。相手よりも多くゴール前に攻め込みながらスコアレスドロー。森下監督は「とても残念だ」と悔しさをあらわにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加