博多駅近くで発生した道路の陥没=8日午前8時ごろ、福岡市博多区

博多駅近くで発生した道路の陥没=8日午前8時ごろ、福岡市博多区

 8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区博多駅前2丁目の道路が陥没した。陥没は徐々に広がり、午前10時現在、長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルと確認された。穴に流れ込んだ水が充満、周辺ビルの敷地でも一部陥没した形跡があった。福岡県警はビルにいる人らに避難を呼び掛け、市も周辺一帯に避難勧告を出した。けが人は確認されていない。市営地下鉄七隈線の延伸工事現場付近で、県警や市は関連を調べている。

 県警によると、現場は博多駅前の幅14メートルの市道交差点付近。東西約150メートル、南北約350メートルの範囲にわたって通行規制された。

 県警は、ガス漏れの恐れがあるとして、火気を使用しないよう現場周辺で呼び掛けた。

 九州電力によると、一時約800戸が停電した。復旧が進み、午前9時20分現在、約170戸にまで減った。

 福岡銀行のオンラインシステムでは障害が発生。窓口での入出金や振り込みができなくなり、現金自動預払機(ATM)も一部使えなくなった。

 現場近くの建物にいた人は「突然停電し、ドーンと大きな音がした。外に出ると穴が開いていた」と話した。

 近くの会社に勤務する伊藤毅さん(48)は「会社に到着したら建物の外に出るよう警察から指示があった。自宅待機になりそうだ」と驚いた様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加