「品質工学」の成果発表会が25日、佐賀市鍋島の県工業技術センターで開かれた。不良品の減少や性能向上などの成果が発表され、約30人が品質向上やコストダウン、技術開発の効率化について学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加