県内の受験シーズンのトップを切って4日、佐賀市の私立成穎中(梶原彰夫校長)で前期入学試験があった。定員55人に対し、県内や福岡県南部などから小学生218人が受験、約4倍の“狭き門”に挑んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加