お粥に生えたカビの色や乾湿で作況や天候を占う「御粥試(おかゆだめし)」が15日、佐賀県みやき町白壁の千栗(ちりく)八幡宮であった。年間を通して豊作で良い年と出た一方、大きな台風被害のおそれも見えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加