花束を受け取る山口祥義知事

 県花づくり推進協議会(青山定浩会長)は7日、「いい夫婦の日(11月22日)」に花を贈る習慣を広めようと佐賀市の県庁を訪れ、山口祥義知事に花束を贈った。

 同協議会では県産花(か)きの需要を高めようと、約10年前から「いい夫婦の日」にちなんだパートナーへの花のプレゼントを呼び掛けている。山口知事には「奥さんに贈って」と、県産のバラやグロリオサをあしらった花束を手渡した。

 13日には佐賀市のアバンセで県産花きのPRイベント「県フラワーフェスティバル」も開催される。協議会メンバーは「今後もイベントなどを通じて、いろんなシチュエーションで気軽に花を贈る意識を持ってもらいたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加