佐賀県は16日、資材置き場などに基準量の60倍以上の建設廃材などを保管しているとして、廃棄物処理法に基づき、小城市の解体業者「山輝開発」(古賀政輝代表)に、廃棄物の撤去を求める改善命令を出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加