4校で競った柔道女子団体の決勝リーグ戦。佐賀商の大将・武冨有佳子が豪快な内股で相手を投げ飛ばし、チームに13年ぶり2度目の歓喜をもたらした。古賀拓也監督は「小城を破るのはうちしかないと挑んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加