■男子 個人に武雄と有田工の計9人が出場する。自由組演武では九州選抜大会2位の中尾真徳・木寺悠太組に期待がかかる。団体は九州大会2位の武雄が決勝進出を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加