塩崎恭久厚生労働相は6日の衆院本会議で、不妊治療を受ける夫婦への初回助成額を現行の15万円から30万円に倍増させる方針を明らかにした。公明党の古屋範子氏の質問に答えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加