九州電力玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は6日、九電の瓜生道明社長と町役場で会談し、原発内に貯蔵されている使用済み核燃料に対し、町独自で課税する新税を導入する方針を伝えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加