■無鉛絵の具で伝統の色を 家業の赤絵付けの仕事は兄に任せ、大学では土木工学を学んだ。建設会社に就職した翌年、有田窯大で上絵付けの講師も務めた父・輝馬(てるま)さんが倒れ、実家に戻った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加