■商用炉、未知の領域へ 一部撤去も原子炉未着手 商用炉として国内初の廃炉作業が、東海原発で進められている。隣接する東海第2原発には乾式貯蔵施設もある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加