佐賀県民謡として親しまれている蓮池節。「トコトコ政市っあん」と愛称で呼ばれた樺島政市(本名・政江都、1844~1935年)は、蓮池の庄屋の息子として生まれたが、幼い時病気で失明し、長崎に治療に行った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加