嬉野・武雄・鹿島・多久の4市議会合同の政策形成セミナーが嬉野市であった。同志社大大学院の新川達郎教授(地方自治論)が「災害対策における議会の役割について」と題して講演し、約70人が聴講した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加