佐賀空港の滑走路上空で向きを変える在沖縄米軍のオスプレイ。奥はノリ養殖の網を張った支柱が林立している有明海=8日午前10時50分、佐賀市川副町

双眼鏡を手にしながら米軍オスプレイのデモフライトの様子を視察する山口祥義知事(中央)=佐賀市川副町小々森

■知事「議論加速する」

 佐賀県の山口祥義知事は8日、米軍オスプレイによる佐賀空港周辺での試験飛行を地上と海上の2カ所で視察した。自身の所感は「(視察が)2カ所だけなので、総括的に申し上げるタイミングではない」と明言を避けたが、今後については「議論が加速したり、論点が明確になってくると思うので、しっかりと見届けたい」との考えを示した。

 山口知事は午前10時20分ごろ、空港から約3キロ離れた佐賀市川副町の西干拓地区を訪れた。空港を眺めながら「今、何か変わったかな」などと音の違いを聞き分け、杵島郡白石町方面に飛び立つ機影を双眼鏡で追い、飛行モードの変化などを確認していた。

 この後、県の巡視船に乗り込み、空港の沖合4キロ付近の海上で上空の離着陸ルートを飛行する様子を見た。

 戸ケ里漁港で記者団に対応した山口知事は「副知事をはじめそれぞれの職員が体感したり、(騒音を)計測したりしており、いずれの時期にか公表して、意見を聞くということをしたい」と自身の所感を“封印”する理由を説明した。また九州防衛局への質問事項で未回答の項目が残っていることを挙げて「今回のことを通じていろんな意見が出ると思うので、また防衛省に聞くということもあると思う」と質問のやりとりが続く可能性を示唆した。

=オスプレイ試験飛行=

このエントリーをはてなブックマークに追加