みやき町白壁の白石神社広場で9日、巨大なかがり火をたく正月明けの伝統行事「ほんげんぎょう」があった。早朝から集まった地区住民が高々と上がる炎を見つめながら、今年一年の無病息災を祈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加