「年稿(ねんこう)」と呼ばれる年代ごとの固定堆積物から昔の自然環境を読み解くシンポジウム(立命館大学環太平洋文明研究センター主催)が9日、佐賀市のアバンセで始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加