鳥栖市と三養基郡みやき、上峰の両町でつくる鳥栖・三養基西部環境施設組合が、2024年春の稼働を目指している次期ごみ処理施設計画で、鳥栖市と建設候補地である同市真木町との交渉が大詰めを迎えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加