今年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で、戦国時代末期の武将、真田幸村(信繁、1567~1615年)をまつったとされる供養墓が、唐津市鎮西町の肥前名護屋城真田陣跡にある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加