東京海上日動火災保険は8日、自動運転車がシステムの誤作動やサイバー攻撃などによって事故を起こした場合にも被害を補償する自動車保険の提供を来年4月に始めると発表した。現在の保険では対象外の、運転者に過失がない事故も補償する。新規契約や契約更新の際に全ての契約者に無料の特約を付ける。

 ハンドルやブレーキを運転手に代わって操作する自動運転で走行する場合、運転者に何らかの過失があればこれまでも通常の保険で対応してきたが、無過失の場合でも補償対象とするのは国内初となる。

 現在の保険は、運転者に過失がない事故は保険金が支払われず、事故の被害者が自ら自動車メーカーやソフトウエア会社に損害賠償を請求する必要があった。今回の特約では、通常の事故と同様に運転者の保険で被害者に保険金が支払われ、こうした手間が省ける。東京海上はメーカーなどの過失の度合いを調べ、賠償請求する。

 また、通常の事故では補償を受けると保険料の割引率を決める「等級」が下がり、保険料が高くなってしまうが、システムの誤作動などによる事故の場合は等級を下げない仕組みとする。

 自動運転は、運転手の役割が大きい「レベル1」からシステムで完全に自走する「レベル4」までに分かれている。東京海上の特約では、レベル4は法的責任の在り方について整理されていないとして対象にしない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加