東脊振小(中村美枝子校長)の3年生約80人が2日、吉野ケ里町松隈の茶畑で茶摘みを体験した。児童は生の茶葉を味見したり、加工をし、日本茶栽培の発祥地として知られるふるさとについて理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加