【ベルリン共同】今月14~18日の日程で訪日するドイツのガウク大統領が、期間中に早稲田大学で講演し、京都大学(京都市)で学生と対話、長崎市の原爆資料館で被爆者と懇談する。大統領府関係者が明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加