国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約で東よか干潟(佐賀市)、肥前鹿島干潟(鹿島市)など4カ所が新たに登録されたことを受け、ウルグアイ南部プンタデルエステで3日開かれた締約国会議で、佐賀市の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加