女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会に、日本は優勝した4年前とほぼ同じ顔ぶれで臨む。戦いの基盤がしっかりしている分、個の力で状況を打開できる切り札が重要になるが、その役割を担える選手は増えてきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加