九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の3、4号機が原子力規制委員会の安全審査に事実上合格した9日、原発周辺の住民の間では地元経済への好影響を期待する声が上がる一方、再稼働への流れが加速することへの危機…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加