第21回初夏の九州名草展(佐賀新聞社など後援)が5日、鳥栖市藤木町の鳥栖商工センターで始まった。葵野草の会(小玉喜代廣会長)の会員が丹精込めて育てた山野草約300点が並び、来場者が熱心に観賞している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加