原子力規制委員会が事実上合格を判断し現実味を帯びてきた再稼働に、玄海原発から30キロ圏にある佐賀、福岡、長崎の市町の首長は、国の対応を注視する姿勢を示す一方、住民の理解を求める声も少なくなく、責任の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加