佐賀大附属病院肝疾患センター長 江口有一郎教授 C型肝炎の治療が大きく変わろうとしている。昨年から今年にかけて、相次ぎ新たな経口薬が発売された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加