有明海沿岸にある鹿島市の七浦小(押方富美子校長)の1、2年生44人が4日、同市の七浦海浜スポーツ公園で干潟体験をした。顔も体も泥まみれになって走り回り、ふるさとの自然の豊かさを胸に刻んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加