近代アニメの礎を築いた作品や、学生の斬新で若々しい作品を展示・上映する「日本アニメーションの過去・現在・未来」が佐賀市本庄町の佐賀大学美術館で19日まで開催中。龍谷工高出身で人形アニメーターとして活躍した故・持永只仁さんが実際に使用した人形の展示や、アニメ教育機関「iCAF」が推薦する大学・専門学生の動画作品を上映する。

 13日の14時からは自主制作アニメで活動する姫田真武さんの「ようこそぼくです」スペシャルライブ、15時からはNHKでおなじみの毛虫のクレイアニメ「ニャッキ!」の制作者・伊藤有壱さんのトークショーを開催。14日13時からは持永さんの長女・伯子さんと映画評論家の西村雄一郎さんによるトークイベント、14時40分からはCMの「ドコモダケ」や「液キャベ」など有名作品を手掛けた眞賀里文子さんのトークイベントを開く。

 入場無料。問い合わせは同大教育学部附属教育実践総合センター、電話0952(28)8374。

=イベント=

このエントリーをはてなブックマークに追加