早ければ、来夏の参院選から選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる方向で議論が進む中、必要性が叫ばれているのが、若者の政治参加を促す「主権者教育」だ。何が課題で、どう教えるのか-。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加