玄海原発3、4号機の審査について記者会見する田中俊一委員長=東京・六本木の原子力規制委員会

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の審査書案了承後に会見した原子力規制委員会の田中俊一委員長は9日、今後の地元同意の進め方に関し、「規制委の許可を受けて地元がどう判断するか関知しない。どういう審査をしたかの中身は説明するが、『動かしてください』などと口が裂けても言うつもりはない」と強調した。

 その上で「川内原発では周辺自治体に手分けして説明したし、高浜では地元の要望に応えて(説明用)ビデオも作った。そういう努力は、必要ならば玄海でもやるが、住民が安心するかどうかと審査は別の問題だ」との見解を示した。

 福島の事故前の原子力保安院では経済産業省内の組織として積極的に安全をアピールする地元説明会を開いていたが、「そのような説明会はやらない」と述べた。

 九電が申請当初、重大事故時の対策拠点である緊急時対策所を免震重要棟内の設置から耐震構造に変更した点について、「緊対所イコール免震棟ではない。福島の事故以降、そういう思い込みがあるが、免震は一つの選択肢(にすぎない)。緊対所の性能が満たされているかどうかを審査しており、本質は性能要求だ」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加