九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の審査書案了承後に会見した原子力規制委員会の田中俊一委員長は9日、今後の地元同意の進め方に関し、「規制委の許可を受けて地元がどう判断するか関知しない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加