「1票の格差」に対する最高裁の警告を受け、参院選挙制度改革をめぐる動きがようやく活発になってきた。しかし、与野党の考え方の幅は広く、今国会中の関連法案成立は不透明だ。 次の参院選まで1年余りしかない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加