繊細で緻密な織り模様と淡い色彩…。佐賀錦が醸し出す雰囲気は気品に満ちている。発祥は鹿島で江戸時代末期、病に伏した鹿島藩主夫人が天井の網代(あじろ)組を見て発案したとされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加