ヤクルトとの仮契約を終え、笑顔を見せる九産大九産高の梅野雄吾投手=8日夕、福岡市内(同校提供)

 ヤクルトにドラフト3位指名を受けた九産大九産高の梅野雄吾投手(17)=175センチ、84キロ、右投げ右打ち=が8日夕、福岡市内で球団と仮契約を結んだ。契約金5千万円、年俸580万円。

 佐賀市出身。最速154キロの速球を武器にする。仮契約に臨んだ梅野投手は「実感が沸いてきた。簡単に通用する世界ではない。1勝ずつ積み上げて新人王を取りたい」と闘志。同校の平川剛監督は「球団から即戦力と言ってもらえた。すぐにでも活躍してほしい」と期待した。

 入団発表は12月9日。来年1月に始まる新人合同自主トレに合流する予定。(金額は推定)

このエントリーをはてなブックマークに追加