有明海の干潟で渡り鳥が羽を広げて喜び、泥の中から出てきたムツゴロウやカニ、その場に居合わせた人たちが「おめでとう」と祝福する-。 鹿島市の小学2年生の女の子が描いた絵に、目を奪われた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加