ウニやイクラなどがたっぷり入った海鮮弁当を求める買い物客=佐賀市の佐賀玉屋

 佐賀市の佐賀玉屋で9日、恒例の「冬の北海道大物産展」(佐賀新聞社など後援)が始まった。北海道全域から前回より2社多い59社が出店。農海産物やスイーツなどが豊富にそろい、大勢の買い物客が訪れている。27日まで。

 ウニやイクラ、カニなどをたっぷり入れた海鮮弁当や、道産ジャガイモをチョコレートで包んだポテトチップなどが人気を集め、札幌ラーメンの実食コーナーにも長蛇の列ができた。小豆や昆布などを格安で販売する日替わり品のコーナーも充実している。

 海鮮弁当やイクラなどを両手いっぱいに買い求めた佐賀市の30代女性は「九州では食べられない北国の旬の味覚を楽しみたい」と笑顔だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加