佐賀県市長会(会長・横尾俊彦多久市長)は10日、発達障害の発症要因の究明と支援に伴う財源確保など、国に求める政策要望について、県関係国会議員と都内で意見交換した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加