自民党の竹下亘国対委員長は8日夜、東京都内で開かれた井上貴博衆院議員のパーティーで、福岡市の道路陥没事故に触れ「朝、国対で『井上が歩いたんじゃないか』という話になった。そしたら、そこにいるから、犯人は井上氏じゃないなということになった」と述べた。井上氏は事故現場となった福岡市博多区を含む福岡1区選出。

 体格が大きい井上氏を引き合いにした冗談とみられるが、9日、与野党から苦言や批判が出た。

 竹下氏は9日午前、東京都内で記者団に「特に意図があったわけではない」と釈明。「重大事故との認識で党、国会として対応することが仕事だ」と強調した。

 公明党の大口善徳国対委員長は記者団に「避難者も出ている。冗談の形で発言したのであれば、不適切だ」と指摘した。民進党の笠浩史国対委員長代理は記者会見で「緊張感が欠如している。緊迫した国会の陣頭指揮を執る立場の方がそういう発言をすること自体、緩みの極みだ。断じて許されない」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加