江戸時代に田手川流域の水不足解消のため築かれた蛤(はまぐり)水道(吉野ケ里町松隈)を訪ねるイベントが6日、同町で開かれた。町内外の40~70代35人が、歴史と自然に親しみながら約3キロ歩いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加