夏を迎える6月になると、鳥栖市東部の基里地区や北部の田代地区、基山町の辻々に「疫神(えきじん)」が立つ。 かつて夏には赤痢や疫痢などの伝染病がまん延した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加