観光列車「かわせみ やませみ」の内装デザイン画を発表する、JR九州の青柳俊彦社長=9日、熊本県人吉市

 JR九州は9日、2017年春に熊本-人吉間で運行を始める新しい観光列車「かわせみ やませみ」の内装デザイン画を発表した。熊本県南部・球磨地方の木材を床やテーブルに使用。天井には木の葉を描き「走る森」をイメージしている。

 新列車は2両編成。球磨川沿いの景観が楽しめるよう、窓側にカウンター席を配置するなどの工夫を凝らした。地元の林業団体は、内装に用いる木材の一部として、ヒノキを無償提供する。

 デザインを担当した工業デザイナーの水戸岡鋭治さんは、熊本県人吉市で記者会見し「乗客は木に囲まれたような感じの中で景観を楽しめる。さらに地元の意見も聞きながらオンリーワンの列車に仕上げたい」と語った。JR九州の青柳俊彦社長は「上質な木材が、水戸岡デザインに生まれ変わることを期待している」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加