カメラをのぞくと、雲仙・普賢岳が見え、40人余りが犠牲となった火砕流に思いを巡らす。目を落とせば野鳥が群れ飛び、干潟ではムツゴロウが跳ねた。好天に恵まれた日、広大な有明海はのどかだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加