一人暮らしの父を案じて都会で妻子との同居を提案した息子に、父はこう言った。「わしが備後におらんと、おまえらの逃げて帰る場所がなかろうが」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加