「要望書に書かれた“きれいな言葉”では伝わらない現場の生の声がある。そんな切実な声をしっかりすくい上げ、政策に反映していく」。副知事就任前の県土づくり本部長時代、棚田など県内の中山間地を回った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加